あまつのヒトリゴト

心潤すオンガク

  • 765プロ: THE IDOLM@STER 2 The world is all one!! (★★★★★)
  • 竜宮小町: THE IDOLM@STER 2 SMOKY THRILL (★★★★★)
  • 765プロ: THE IDOLM@STER 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011 110110 PACIFICO YOKOHAMA (★★★★★)
  • 高槻やよい(仁後真耶子): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09 高槻やよい (★★★★★)
  • 双海真美(下田麻美): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08 双海真美 (★★★★★)

« スマホ | トップページ | プレ『ラ♥ブ♥リ♥』 »

2011年6月12日 (日)

プロデュース

※思い出ドライブが発動しているので、ネタバレ含みますよー。

 

2月24日から数えて111日目の今日。

 

ようやく全てのアイドルがIA完全制覇を成し遂げました。

トータル13周。189時間51分。S4Uも含めたら間違いなく200時間超え。 

 

Photo

 

Photo_3

 

Photo_4

 

Photo_5

 

これまでを振り返ると、なんていうか、時間かかったなぁとw

 

でも、時間をかけてでも全アイドルのIA完全制覇を目指したかったのは、初回での千早のユニットがアカペラエンドで終わっちゃったからなんですよ。

前のブログでも書いたけど、とにかくふがいなさと申し訳なさでいっぱいで。

 

どうすれば、IA大賞を獲得できるのか。

どうすれば、歌姫・歌王子フェスに勝てるのか。

どう楽曲をリリースすれば有利なのか。

どうやってユニットを育てるべきか。

それらをひっくるめて、どうすればIA完全制覇が出来るのか。

 

もちろん、どんなコミュがあるのかとか、各アイドルのストーリーとか、どんな衣装やお守り、アクセサリーがあるのか、っていう興味も尽きることは無くてですね。

 

だから、千早のプロデュースが終わった後、そういったことを1周するごとに1つずつ潰していったわけですよ。

あえて攻略サイトなどは見ずに、自力でやろうと決めて、絶対に成長して千早をIA完全制覇させるんだ!って、半ば意地みたいな感じになってた気もするなぁ。

  

どのアイドルも大変だったけど、それぞれに色んな思い出があるもんです。

 

 

千早で初めてIA大賞に挑み、惨敗したこと。

 

美希で初めて、IA大賞を受賞したこと。

 

雪歩で初めて、IA大賞に加え二部門を獲得したこと。

 

貴音で初めて、IA大賞と四部門、そしてどっとっぷTV一位を獲得したこと。

 

やよいで初めて、IAを完全制覇したこと。

 

響で初めて、首都の歌姫・歌王子フェスにも勝ってIA完全制覇したこと。

 

真美で初めて、スーパーブレイクが発生したこと(ちなみにそれ以降一度も発生してない)。

 

真で初めて、どっとっぷTVの1・2位を飾ったこと。

 

春香で初めて、オールSの評価を社長から受けたこと。

 

 

あー、懐かしい。

時間かかったし、千早・美希・雪歩・貴音に関しては、それぞれ2周目でIA完全制覇をすることになっちゃったけど、とにかくちゃんと全員ベストエンドに導くことが出来てよかったですよ。

ほんっとにw

 

 

さて、ここで少し話は変わり。

 

さんざん千早、千早と言ってきてはいるけど、各アイドルのストーリーで実は一番印象に残ってるのが雪歩でして。

  

雪歩は、あずみんの雪歩がどういうものか知りたかったっていうのもあったけど、ストーリーを進めていく中で、雪歩が自分の思いをプロデューサーに泣きながら吐露する場面は、あずみんの演技も相まってアイマス2の中でも屈指の名シーンだと思います。

今までの雪歩だったら、心の中ではそう思ってても、あんなに激しく感情を露にすることはなかったはずで、それが雪歩が半年間で成長したことの一つなんじゃないかなとプレイしながら思ったわけですよ。

 

それに、プレッシャーに潰されそうで、苦しくて辛いっていうくだりは、新しく雪歩役に決まったあずみんの気持ちも、なんとなく入ってるような気がして。

 

ゆりしーが築いてきた雪歩のイメージはすでに確固たるものがあって、それを途中から引き継ぐってことが、あずみんにとってどれだけのプレッシャーだったのか。

歌も、声も、雰囲気も、全部変わっちゃうわけですから。

到底受け入れられないって可能性だってあったハズ。

 

期待も不安もごちゃまぜになって、それでもアイマス2が発売されるまでは、自分の方向性が正しいのかそうでないのかもわからなくて、ずっとプレッシャーと戦ってたんじゃないかなって思うんですよ。

 

5thライブからそれ以降、色んなところで今までの雪歩のプロデューサーと、これから雪歩のプロデューサーになってくれるかもしれない人々に対して、精一杯自分と雪歩のことを伝えていたあずみんの姿を知ってるから、余計にそう感じちゃったのかもしれないですけどね。

 

ただ、それも含めて雪歩のストーリーは、雪歩がアイドルとしても人間としても成長していく、ある意味王道のストーリーなので、プロデュースしていて楽しかったです。

いつか「First Step」が発売されるといいな。

 

 

 

と、ここでまた話は変わりまして。

各アイドルの担当状況を見ると、貴音が最多の7回。

一方やよいと真美はそれぞれ2回。

 

やよいと真美ってそんなに好きじゃないの?と思われてもしょうがないこの結果。

一応弁解しておくと、全くもってそんなことはないんですよ?ホントだよ?

 

だって、アイマス2をプレイする前に、一応全てのアイドルをリーダーにした場合のユニット構成と名前を決めて、ちゃんと偏りなく平等にプロデュース出来るようにしたんですよ?

・・・したつもりだったんだけどなぁ。

とにかく、やよいと真美に謝りますごめんなさい。

 

ひとまずこれで、IA完全制覇に向けてのプロデュースは終わったので、14周目にはやよいと真美を入れて、あとは雪歩か響をメンバーにしたユニットでゆったりとプロデュースしたいと思います。

まだ服も全部買ってないし(高額なスターリー衣装にイマイチ購買意欲が湧かない)、DLCも楽しみだしねっ!

 

 

後は、密かな野望として、もしMA2の曲がDLCで配信されたら、その曲でもってどっとっぷTV1位を獲得したいなーなんて思ってます。

« スマホ | トップページ | プレ『ラ♥ブ♥リ♥』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/266683/40371785

この記事へのトラックバック一覧です: プロデュース:

« スマホ | トップページ | プレ『ラ♥ブ♥リ♥』 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック