あまつのヒトリゴト

心潤すオンガク

  • 765プロ: THE IDOLM@STER 2 The world is all one!! (★★★★★)
  • 竜宮小町: THE IDOLM@STER 2 SMOKY THRILL (★★★★★)
  • 765プロ: THE IDOLM@STER 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011 110110 PACIFICO YOKOHAMA (★★★★★)
  • 高槻やよい(仁後真耶子): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09 高槻やよい (★★★★★)
  • 双海真美(下田麻美): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08 双海真美 (★★★★★)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月27日 (日)

アイドルマスター2

遅ればせながら、、、

祝!アイマス2発売っ!!

 

幕張ライブから発売日まで、実に様々な物議を醸してきたワケですが、無事に発売されて嬉しいことこの上ない!

とりあえず1周目が終わったので、感想などを。

ネタバレ含むと言ってもそんなに含むワケではないので大丈夫かなぁ。

 

 

まず1周目は千早・美希・貴音のユニット「unplugged」で開始。

プロデュースを始めてまず思ったことは、とにかく各アイドルの演出が大幅に強化され、動きまくっていること。

前作までは平面だけの動きだったのが、多彩なカメラワークによって動きに奥行きを与えていて、臨場感が増してるのがとにかくすごい。

その上、センシティブトゥーンによるグラフィックの向上が図られているので、アイドル達の動きにより軽やかさや細かさなどの表情も見て取ることが出来るのは、前評判以上だったと思う。

 

さて、ユニットを組んで本格的な活動が始まると、今回のレッスンはめちゃくちゃ簡単になっていることが分かる。

正直アケや箱のレッスンは、初めてやる人には敷居が高過ぎて、上手くアイドル達を成長させられずに終わってしまった、なんてのは日常茶飯事だったわけで。

そうなると、オデでも勝てないからつまらなくなってしまい、放り投げちゃった人だって多かったはず。

かくいう自分も、箱はなんとかなったけどアケ版のレッスンはかなり苦手で、なかなかオーディションに勝てなかったしw

 

アイマスの大本の面白さって、アイドルをプロデュースしていく上での女の子達とのコミュニケーションとステージ演出が楽しいのだと思う。

なのに、あまりにも敷居が高いレッスンのせいでその面白さを体験出来ないのは元も子もないわけで、今回は初めてプロデュースする人にもとっつきやすいようなレベルにしたんだろうな。

もちろん、レッスンの難易度が上がっていけばそれなりに難しくなっていくので、ずっとヌルいままだということではない。個人的には悪いバランスではないと思う。

 

次に、今回から新しくフェスとライブが加わって、ファン人数だけでなくCDの売り上げ枚数とも密接に関わってくるようになったのもポイントの一つ。

まぁ自分はそこで大きくポカやらかしたんだけどw

 

正直、無印の頃の感覚で、ただユニットのレベル上げてオデとかに勝ちまくっていれば、あとはなんとかなるって思ってたら大間違いだった。

とにかくCDの順位が上がらないこと上がらないこと。

もちろんリリースした順に売り上げは上がっていくけど、初回プレイではキープ・リバイバル・ブレークなんて頭の片隅にあったくらいで全く意識してなかった。

とにかくファン人数が増えればCDの売り上げも上がるだろう、と安易に考えつつ、でもクインテットもしたいしー、なんてやってたら、36週の時点で5thリリースの楽曲は34位?くらいだったかな?

この時点でサバイバル決定なわけなんだけど、地獄の特訓を経てサバイバルに挑戦して見事合格。

晴れてIA大賞にノミネートできたんだけど、結局IA大賞どころか部門賞も何にも取れずに活動が終了してしまった。

 

それまでの千早とのコミュもあるし、ジュピターにも勝ててたから、なんとかベストエンディングを迎えたいと思っていただけに千早の

 

「ここまで来て、一度も舞台に呼ばれること無く終わるとは思いませんでした・・・」

 

という言葉とメンバーの呆然とした表情に心底凹む。

 

いやもう、ホントにガチで凹んだんですよ。

 

しかもエンディングは、夜の公園で歌うアカペラの「i」。

凹んだ心に追い討ちをかけるかのように寂しく流れる「i」を聞いて、「unplugged」の活動は終了したのでした。

くっ!リーダーとしてあんなに一生懸命頑張ってくれた千早に申し訳ないっ!!(泣

 

 

・・・とまぁ、こんな風に今までになかったシステムは、「ベストエンディングに辿り着くまでの難易度を上げてはいる」けど、決して「全体的なゲームバランスが崩れているわけではない」と感じた。

単なるリズムゲームとしては簡単な方だけど、思い出アピールやバーストアピールの使いどころを間違えると意外とヒヤヒヤしたりするので、個人的にはちょうどイイバランス。

そもそも今までが難し過ぎたんだよ・・・。

 

あと、フェスに関してはオンライン対戦出来ても良かったんじゃないかなーと思う。

フェスは無印オデと同じでアピールやバーストアピールの使い方に駆け引きがあるので、対人戦はかなり白熱すると思うんだけどなぁ。

 

では次にキャラについて。

と言っても、メインの千早しかやってないので多くは語れないけども。

個人的には、千早はずいぶん柔らかくなったと思う。

2と比べると、無印の千早のまぁ余裕の無いことといったら。

 

パラレル世界なんでそこら辺は当然、と言われるかもしれないけど、とにかく千早はかなり早い段階でプロデューサーに心を開いてる感じがする。

やっぱり、ユニットの「リーダー」って立場が、千早をより成長させたのかなぁ。

ただ、境遇的には2の千早の方が可哀相かな。まぁよくあるパターンといえばパターンなんだけどあんな風になるなんてさ。

しかもおれの場合、結果を見届けることも無くアカペラ終了なので非常にモヤモヤが残るわけですよ!

 

もちろん雪辱は晴らしまくるけどね!4周目くらいに。

 

ちなみにメンバーの美希と貴音に関しては。

美希はなんとなく無印の頃の美希に戻った感じがする。もうスイーツ脳とは呼ばせないぜ!

また、真面目になった理由が、

「あずさも頑張ってるし、律子に認めてもらいたいから」

 

SPのあずさと律子のストーリーをベースにして考えると、なんとなくわからないでもない理由。

あずさのプロデューサーとしては嬉しいことこの上ないし、その設定だけで色んなストーリーが膨らんじゃうよ!

本編では実現できなけど、一息ついたら、S4Uで美希・あずさ・律子のユニット作ってあげたいなぁ。

曲はもちろん「Day of future」で決まりだね!!

 

貴音に関しても、今回が初めてのプロデュースになるので、貴音らしいところも意外な一面も見れてかなり楽しい。

特に貴音の声色を変えた演技(活動終了後のミニゲームね)はたまにホント分からない時あるからねw

まぁあれは貴音というよりはらみーのすごいところなんだろうけどw

たまに貴音でなくはらみーだったりするしww

 

・・・ネットでは貴音のストーリーはNTRシナリオだとか汚姫ちんとか呼ばれてるけど、正直、バカバカしいと思う。

まだおれも貴音メインではないので断定は出来ないけど、あのイベントだけを見てもNTRではないし、あのイベントをそういう方向でしか考えてないやつの方がどうかしてる。

初見ではふと、そう思っちゃったのかもしれないけど・・・事実は違うわけだし、想像で補完する余地があるならせめてもっと楽しい方向で妄想働かせようよー!

そういうのが出来るのが、アイマスの面白いところの一つじゃん!

貴音とはらみーが可哀相だよ・・・。

 

そんでもってジュピターの方々。

おれ個人としてはジュピター容認派なので、もっと出番があっても良かったかな。

竜宮小町との戦いも、いきなり負けるんじゃなくて、二戦三戦してから勝つとか。 

さすがにあまとう一人に一回で負けちゃったっていうのはちょっと納得いかないというか、展開的にもっと燃える展開にも出来たんじゃないかなぁと。

例えば、初戦はあまとう一人で引き分け、二戦目は三人で戦って惨敗、三戦目はわずかにギリギリの所で竜宮小町敗退、とか。

 

要は、ジュピターの面々にも「まさか竜宮小町にここまで追い詰められるとは思わなかった」って言わせて、竜宮小町を認めて欲しかったんだと思う。

 

そして竜宮小町と律子が悔し涙を流してる場面を目撃したPとユニットが、「必ず律子たちの敵を取ってやる・・・!」っていう展開で続いていった方が、よりジュピターへの対抗心を燃やすし、そのために竜宮小町や律子が協力していくって流れはまさに「団結」なんじゃないのかなぁ。

まぁ正直いうと、竜宮小町とジュピターが出た時点でどちらかが噛ませ犬になるだろうことは予測できていたので(出来れば三組ともIA大賞にノミネートまでされてれば良かったけど)、あの展開もあっさり受け入れられたかな。

 

そうそう、ジュピターの新曲!

あれはまさに王道のアイドルソング!!

普通にジャニーズ歌ってそうだもんwww

 

あの曲聴いて、PVで出てた「王道」って意味が理解できたよ。

まさに男性アイドルの王道だった。

あまとうもチャオもショタも非常に良いキャラしてるから、早くCD出して欲しいなぁ。

Alice or Guilty共々カラオケで歌いたいぜ!

 

 

あとは、S4Uについて。

本編と同時収録されてるのはナイス。

 

だけど正直、ステージ演出が大好きなおれとしては、楽曲のパート分けが出来なくなったのはかなり痛い!!!

そこは削らないで欲しかった!!

 

「この歌詞をこのアイドルに歌わせる意味」まで考えてL4Uではステージ演出してたので、パート分けはおれの中ではかなり重要なのです。

立ち位置変えても限界はあるので、今回のこの仕様だけは残念。

まぁ、さすがにクインテットのパート分けなんてスゲー大変そうだけど、それがまた楽しみだったんだけどなぁ・・・。

当初予定していた、クインテットもしくはトリオで響に「TRIAL DANCE」歌わせて、他のメンツは全てバックダンサーっていうのも出来ないのか・・・。

はぁ、残念だ・・・。

DLCとかで出来るようにならないかなぁ。

2500MSPくらいまでなら出すよおれはためらい無く。

 

 

ふぅ。とりあえず今日はここまで。

現在は2周目、美希・貴音・響のプロジェクトフェアリー組である「STAR GAZER」をプロデュースしてるので、それが終わった頃にまた。

 

現在の総括で言えば、出来としては100点中の80点。

期待以上のパーフェクトな出来ではないけど、想像以上の出来ではあったって感じ。

 

さ、早くプロデュース再開しなきゃ!!

2011年2月15日 (火)

第二次スパロボZ PV2nd!!

やべぇ・・・超興奮してきた!!

 

なんでPSPでこんな完成度なんだよ・・・!

A.C.Eとかよりも、これこそ据え置きの大画面で見たかったよ・・・!!

でも・・・ダイガード動いてる・・・!!!

おれらのダイガードが超カッコよく動いてるーーーーーーーーーーー!!!!!

ステキーーーーーーーーーーー!!!!

 

特にドリルアームなんてアレじゃん!ヘテロダイン倒してエネルギー切れになった勝利ポーズじゃねぇかよ!!

ちくしょうカッコイイよぅ。。。

 

続投組も少し戦闘シーン変わってるし、新規組の戦闘シーンに至っては気合の入れ方がハンパじゃないw

こんだけPV見て興奮したのは、スパロボαのPV見た時以来かも。

あれも衝撃的だったなぁ・・・。

 

ともあれ、さらに4月の発売が待ち遠しい!

っていうか。

・・・セツコはちゃんと出るんでしょうか・・・?

今度こそセツコには幸せになって欲しいなぁ。

2011年2月 1日 (火)

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 07~09

今さら!ホント今さらなんだけど、やらないわけにはいかないよね07~09の感想!

いやホント1ヶ月以上遅れちゃった・・・。年末進行だったりあれなりこれなりで、書こう書こうと思ってたんだけど、ついつい後回しになってしまって・・・

とりあえず雪歩と真美とやよいに謝っときますごめんなさい。

 

ってなわけで!さっそくいってみよう!!!

 

まずはあずみん演じる新雪歩にとっての初めてのソロCDである、07から!

個人的には、もうだいぶ耳に馴染んできた感のあるあずみんの雪歩。

声優さんが変わっても、雪歩の本質は全く変わっておらず、のっけからネガティブ全開で大変よろしいwww

特に、明るくネガティブなこと言う雪歩はホント可愛かったねぇ。

 

そして自己紹介が終わると、とうとう新曲「何度も言えるよ」に突入!

ゆりしーの時よりも明るくなった雪歩にピッタリの、恋を歌ったガールズポップ。

ホントあずみんが演じる雪歩って、まさに成長した雪歩って感じがするんだよね。

色んな面で歩き出し始めた雪歩というか。

だからこそ、「何度も言えるよ」の曲調や歌詞が今の雪歩ととてもリンクして聴こえる。

 

FSの頃の雪歩は、芯は強いけどまだ引っ込み思案なとこが多くて、KCで自分の可能性に気付いて、ALで思い切って前に一歩踏み出して、そしてこの「何度も言えるよ」でその勢いのまま楽しそうに歩いているってとこかな?

 

そういえば正月ライブで「何度も言えるよ」を歌ったあずみんが、「雪歩として初めてもらった曲。だから大切にしていきたい」って言ってたのを聞いてジーンとしたのを思い出した。

 

と、そんな感想を抱きながら再びのトークパート。

自作のポエムをざっくり真美に切られるくだりが雪歩らしいw

「自分を出していきたいんだか隠していきたいんだかよくわかんないよね」という真美の核心をついてる一言も印象的だw

 

そして次は共通カバー曲の「スウィートドーナッツ」。

原曲はテクノポップなんで、そのまんまでも案外雪歩ならいけるんじゃないかと思いつつ、聴いてみたら雪歩バージョンは少しテンポをゆっくりにして、女の子らしさを前面に押し出してるアレンジ。

イメージとしては、友達の部屋でお菓子食べながら恋バナしてる感じかな?

もちろん重い感じじゃなくて、「どうしよっかなぁ・・・」ってうんうん悩んでる風景。

真美とやよいのコーラスも入って、お茶会のイメージがホント強い。

でも可愛いアレンジなので良し!

 

ただ、この後の曲の構成的に・・・orz

 

次に、「LOST」とカバー曲である「恋」の二曲を披露。

まず「LOST」なんだけど、まだちょっとこの手のバラードは難しかったかな?という印象。

雪歩のイメージとしてバラードは決して間違いじゃないんだけど、他のLOST組と比べるとしっとり感が足りないというか・・・。

所々しっとりはしているんだけど、全体を通して漂う寂しさとか悲しさとかがどうしても劣ってしまう気がする。あずみんのバラードに聴き慣れてないからそう聴こえるのかもしれないけど。

たぶん、低音かな?

まぁこれからもあずみんは歌が上手くなっていくだろうし、そうなったあずみんと雪歩のバラードは情感たっぷりの素敵なものになると思うんだよなぁ。あれだけ歌えるんだもん。

なので全然心配はしておりません。

 

と思ってたら、奥華子さんのカバー曲である「恋」。

これがすごく上手い!!

すごく綺麗に声が通っているしピアノの旋律と声のマッチも見事。

キーの高さもちょうどいいのか、とても聴きやすい。

全体的に、原曲の持つ雰囲気そのままに、透明感と寂しさが満ちていてとても綺麗。見事なカバーだと思います。

実際に雪歩がホントに聴きこんでるようにも思えるし、あずみん自体もこの曲は好きだって言ってたから、シンクロ率が高いのかも。

 

そしてそして共通曲の「MEGARE!」では、ウキウキ楽しげな雪歩が登場。

毎回注目してる「あんっセクシー♪」の部分は、セクシーというより優しいセクシーって感じw

あと、個人的にサビの部分よりBメロとかの方が雪歩のウキウキ、ワクワク感が表現されてる気がするんだけどいかがでしょ?

 

・・・と、そんな感じの07。

楽曲のレベルも高いし、ドラマパートもしっかり雪歩らしさが表現されてて、あずみんの新雪歩としての初ソロCDとしては大成功なんではないでしょうか?

特に「何度も言えるよ」と「恋」はどっちも雪歩らしさが溢れてるので、オススメ。

 

そういえば途中でも書いたんだけど、この曲の構成ってなんか恋の始まりから終わり、そしてアイドル活動へっていうストーリー出来ちゃってない?

つまり、「何度も言えるよ」で彼氏が出来て嬉しい!ところが「スウィートドーナッツ」でちょっとギクシャクし始めて、「LOST」で失恋して「恋」で失恋したことを思い出して、、、って流れ。

そして今はそれもいい思い出としてアイドル活動頑張ってます!みたいな。

ちょっと強引かもしれないけど、曲目見た時なんとなくそう思ったんだよね。

・・・やっぱ強引か(笑

 

 

そして次はまさかの成長と飛躍を果たした真美の初ソロCDの08!!

 

まずはいきなり今までの真美と違った所を見せ付けるかのように(笑)、新曲「ジェミー」の披露!

あさぽんが色んなところで言ってたけど、「今まで変化球ばっかりだったのが、まさかのストレート」という言葉通り、かなり直球なアイドルソング。

確かに曲調といい歌詞といい、成長して大人びて、アイドルの自覚が出てきた真美のための曲って感じがする。

タイトルの「ジェミー」が「双子」って意味でなく「宝石」って意味なのもすごい納得。

しかも「磨き始めた宝石」とか、なんと的を射てることか。

正直、小学生の頃の亜美真美はアイドルっていうより子供って印象がすごい強いんだけど、今の真美とこの曲は、子供から大人へ、子役からアイドルへのちょうど中間の時期をまるごと切り取って歌にしたみたいなんだよね。

可愛らしい背伸びがよく表現されてるなー。

だから、歌詞に大人な部分も子供な部分も含まれてる面白い歌詞になってるのかも。

 

と思ってたら、「黎明スターライン」のアレンジはさらにケレン味が増して面白いことに!

本家の黎明スターラインもぶっ飛んだ曲だったけど、今回のアレンジではより「宇宙空間」ってのを意識したアレンジになってて、色んなところでエコーかかってたりそれっぽいエフェクトかかってたり、歌詞の内容も合わせるとこっちが本家の「黎明スターライン」って気にもなってくるw

けど、個人的にギターソロとか合いの手とかは本家の黎明スターラインの方が好きだったりするんだよねw

 

そしてここら辺からやっぱり真美だなぁって思う曲が連発w

まずはカバー曲である「夢の中へ」。

この曲、原曲をかなりアレンジして(それこそ亜美真美っぽいアレンジと言わざるを得ないw)歌ってるんだけど、ぶっちゃけ「んふっふ~」の部分を真美の「んっふっふっ~」とかけて歌いたかっただけちゃうんかいと思うくらい、真美の「んふっふ~」が印象的でしたw

次に共通カバー曲の「スウィートドーナッツ」では、原曲に近いアレンジでテクノポップ全開!やっぱり今までの亜美真美のイメージを持ってると、こういう曲がしっくり来るなぁw

なんていうか、天才〇れびくんとかウゴウゴル〇ガに出演してる真美が歌ってそうなイメージ。

例えが古いなwww

でも、この曲はこの曲で真美の「子供らしい側面」をよく表現してるのかも。歌詞の意味よりもその時のノリ重視というか。

 

「そういう恋愛って真美は経験したことないけど、なんか大変そうだね!」

 

って感じで歌ってる姿が目に浮かびます。

 

そして今まで通りの真美の集大成が「MEGARE!」って感じかな?

「MEGARE!」って、歌詞とノリからして亜美真美に歌わせたら面白いことになるだろうなーと思ってたんだけど、やっぱりその通りだったw

ぶっちゃけこのCDの中では、一番真美らしさが出てるのがこの「MEGARE!」だなぁと思ったし、他の「MEGARE!」と比べても一番曲の雰囲気に合ってるのは真美ではないかと。

恒例の「あんっ、セクシー」は思ったほど遊んではなかったけど、あえて遊ばなかったのかなとも思ってみたり。

 

まぁとにかく。

歌詞の遊び方に合わせてアップテンポのノリの良い曲を歌わせたら、やっぱり真美が一枚上手だね!

 

こうして総括すると、「ジェミー」で少し成長したようにも見えるけど、曲だけで見れば、やっぱりまだまだ背伸び途中の「女の子」で、大人のせくちーな女性とは言えないけど(笑)、そこも含めての真美らしさは健在。

あとは本編でどれだけ大人になっていくかが楽しみ、、、って感じです。

 

ちなみにドラマパートでは、中身はいつも通りな真美のトークがはっちゃけてるw

色々とツッコミどころ満載な真美のトークと、それに振り回される雪歩、案外馴染むやよいの構図が面白かった!

それに、やっぱり亜美も特別出演。

やっぱり亜美と真美のコンビが見てると馴染むねぇ。

 

 

そしてMA2シリーズの最後を飾るのは、09のやよい!

とりあえずベロチョロがおっきくなってるよやよい!!ちくしょうやよい可愛いなぁ。

 

そんなやよいの新曲は「スマイル体操」

タイトルだけ初めて見た時は、どんなネタソンなんだよwと思ったもんだけど、ところがどっこいすごく良い曲でした。

「キラメキラリ」や「ゲンキトリッパー」に続く、やよいの元気いっぱいな応援ソング。

なのに、なんでだろうサビの旋律を聴くとなんか泣きそうになってくるw

Cメロじゃなくて、あくまでサビの部分。

理由はわかんないんだけど、心にジンと来る。

やよいの純粋な元気に中てられたのかなぁ・・・。

個人的にやよいの持ち歌の中では「キラメキラリ」と同率で好きな曲となりましたw

 

そしてその流れのまま「キラメキラリ」のアレンジ。本家のものよりエフェクトが強化されてて、ちょっとテクノっぽくもあるけど、「キラメキラリ」らしさは無くしてないのでこれはナイスアレンジ!

より楽しくにぎやかにしたらこうなりました、みたいな感じで、聴いててやっぱり楽しくなってくるね。

 

そして「スマイル体操」と「キラメキラリ」で元気になったあとは、さらに共通カバー曲である「スウィートドーナッツ」で更なる元気を受けましょうw

三人のアレンジの中では一番テンポが速くて、なんとなく元気いっぱいで走り回ってる感じ。しかも途中で入る「ハイ!ハイ!」っていう合いの手が可愛いw

この疾走感はカービィのグルメレースを思い出させるぞwww

三人のアレンジの中では一番好きなアレンジかも!

 

続いてはカバー曲の「さんぽ」。

これもまた実にやよいらしいwしかも高槻家とかwww

いやー、和む。ほわほわした優しい気持ちになれるよ。

この曲は今までもたくさんのリクエストあったみたいだけど、確かにジブリ系の曲はやよいのイメージにすごく合ってるもんなー。

あ、でも「めぐる季節」はぜひあずさに歌って欲しい!

あの綺麗なメロディにあずさの声を乗せるとすごく良いと思うんだ。

だからMA2のSSであずさのカバー曲を募集した時には、絶対この曲で応募するんだ。

 

・・・まぁそれはともかく(笑)

スマイル体操といいこのさんぽといい、やよいはNHKからオファー来てもいいんじゃないかとw

 

そして最後の「MEGARE!」。

真美と同じくこの曲もやよいにピッタリなので、聴いてるとこっちも楽しくなって元気が湧いてくる!

なので、春香・真美・やよいで歌わせたら楽しいだろうなぁ。

それに、「あんっセクシー♪」はセクシーっていうかキュートだよ!と思えるくらい可愛らしいセクシーでしたw

 

と、次はドラマパート。

バーゲンだったり特盛りだったりと相変わらずやよいらしさは色んなところに溢れてるんだけど、今回はやよい泣きすぎじゃないか?w

雪歩のとこでも真美のとこでも何かしら感動して泣いてたような・・・w

いやまぁ、感受性が豊かで素直ってことだな!

それに、音声こそなかったけど高槻家が出演するとは思わなかったw

弟達の前だと、やよいは前よりももっとお姉さんぽくなったなぁ。

成長ってそういうことなのかな。

見た目変わって中身あんま変わってない印象の真美とは逆だw

 

 

・・・というわけで、新曲もカバー曲もドラマパートも、やよいの元気が凝縮されてる楽しいCDとなっております!

特に「スマイル体操」は本編でどういったダンスで表現されるのか楽しみでしょうがないw

やよいソロでもいいし、トリオでもいいし、クインテットでも面白そう。

クインテットでやるなら「やよい・春香・真美・亜美・雪歩」で決まりだな。うん。

 

 

 

 

ふー・・・。ずいぶん時間が空いちゃったけど、これでようやくMA2FSの感想は終了かー。

長くなっちゃったし、自分だけで完結しちゃった内容ばっかだけど楽しかったなぁ。

もっと自分にやる気と文章力と語彙力があれば・・・!!

 

それはそれとして、次は9日に発売される竜宮小町とWAOだな。

ラジオも聴きながらCD聴いてれば、アイマス2はもうすぐ!

 

待ちきれないよー!!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック