あまつのヒトリゴト

心潤すオンガク

  • 765プロ: THE IDOLM@STER 2 The world is all one!! (★★★★★)
  • 竜宮小町: THE IDOLM@STER 2 SMOKY THRILL (★★★★★)
  • 765プロ: THE IDOLM@STER 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011 110110 PACIFICO YOKOHAMA (★★★★★)
  • 高槻やよい(仁後真耶子): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09 高槻やよい (★★★★★)
  • 双海真美(下田麻美): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08 双海真美 (★★★★★)

« セキュリティ??? | トップページ | 少し頭をクールダウン »

2010年9月19日 (日)

TGSでのアイマス2

正直、ディレ1がどんなこと言っても、あずさをプロデュース出来ないってことの残念さや悲しさは湧き出てくるもんです。

 

それは、あずさだけじゃなくて、伊織を好きな人、亜美を好きな人、律子を好きな人・・・それぞれがみんな抱えた思いなんじゃないかと。

アイドルマスターの根幹は、やっぱり「アイドルをプロデュースすること」なのだから、そのプロデュースする対象に自分の思い入れのあるキャラがいないってのは、すごく悲しい。切ない。怒りもするだろうし、もしかしたら逆に冷めてしまうかもしれない。

 

ただ、インタビュー内でディレ1が語ったことについては、共感できる部分も多々あるわけです。

半年間プロデューサーが不在の状態で、765プロ存続の為に各アイドル達がどう動いたのか。

 

あずさは。

伊織は。

亜美は。

律子は。

 

 

・・・きっと、ディレ1の語った通りに動くのかもしれない。

そこは共感できる。

おれの思うあずさでも、たぶん同じように動くんだと思う。

 

けれど、そこから先の話は全くの空白でよかった。

終着点までも、ディレ1に決めて欲しくはなかった。

ユーザーに強いて欲しくなかった。

 

現実的な話、それじゃストーリーが成り立たないから、ある程度のゴールは決めなくちゃいけないのはわかってるんだけども。。。

それでも、こういう決断を下したのであれば、ディレ1にはあずさ・伊織・亜美・律子を今まで担当してきたプロデューサーからの意見、罵詈雑言を全て受け止めて欲しい。

例えどんなに辛いことだったとしても、言い訳をせず、真っ向から立ち向かって欲しい。

 

 

それが、ディレ1の責任だと思います。

  

 

今回のことは、きっと色んなところで荒れるだろうし、アイマスファンが離れる要因にもなりえるとは思うけど、それでもやっぱりおれはアイマスファンとして、アイマス2の発売を楽しみにしたい。

竜宮小町と律子がどういう結末を迎えるのか。最後までしっかりと見届けてから、改めて自分なりの解釈と結論を出せばいいと思うわけです。

 

そしてそれが、アイマス2においての、自分の好きなアイドルに対して出来る最良のことだと思います。

 

 

おれはまだ、あずさをリーダーにした5人ユニット「メロディカクテル」の立ち上げを、諦めてないぞ!!

おー!!

« セキュリティ??? | トップページ | 少し頭をクールダウン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/266683/36814831

この記事へのトラックバック一覧です: TGSでのアイマス2:

« セキュリティ??? | トップページ | 少し頭をクールダウン »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック