あまつのヒトリゴト

心潤すオンガク

  • 765プロ: THE IDOLM@STER 2 The world is all one!! (★★★★★)
  • 竜宮小町: THE IDOLM@STER 2 SMOKY THRILL (★★★★★)
  • 765プロ: THE IDOLM@STER 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011 110110 PACIFICO YOKOHAMA (★★★★★)
  • 高槻やよい(仁後真耶子): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09 高槻やよい (★★★★★)
  • 双海真美(下田麻美): THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08 双海真美 (★★★★★)

« 少し頭をクールダウン | トップページ | 歌唱ユニット選抜レース »

2010年9月23日 (木)

Prologue!!

未曾有の大混乱の中、とうとう発売された「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue」!!

 

事前情報だと、雪歩・美希・真美がビッチ化したとか騒がれてたけど・・・

 

まぁ・・・歌詞のとある一部をそのまま言葉としてだけ捉えれば、雪歩の台詞なんかはビッチに聴こえるかもしれないけど、歌詞ってそういうもんじゃないじゃん。

メロディに合わせて、一小節、もしくは前後の繋がりから読み取って心に響くもんじゃない。

 

今はどこもかしこも荒れ放題だから、そんな風に受け取ったのかもしれないけど、それじゃあんまりだよ。

 

気合が空回りしてとんでもないこと言っちゃうなんて、雪歩らしいじゃん。

真美だって中学生なんだし、色気付いたら冗談で「彼氏ほし→」なんて言いそうじゃん。

美希はプロデューサーのこと大好きなんだから、結婚できる年になったなら、美希なんか絶対言ってくるでしょ。

 

普通に聴いてれば、響や貴音の台詞も面白いし、亜美や律子の台詞も新規録り下ろしで、その他細かいところも変わってる。

むしろ個人的には、台詞総入れ替えだと思ってたら、他のキャラはほとんど変わってないところにビックリだよ(苦笑

せっかく「2」でみんな成長したんだから、それに合わせて台詞も変わって然るべきだと思うんだよなぁ。

 

そういう意味じゃ、ちょっと残念だったかな?

 

 

でも、小鳥さんの「光」は鳥肌立つほど良い曲。

小鳥さんらしい、とっても優しくて大きな愛に溢れた曲になってる。

ドラマパートでも、今回の主役は小鳥さんだったなぁ。

小鳥さんの独り語りを聞いて、プロデューサー降りたくなるヤツはそうそういないよ。

 

おっとそうそう。

TIMの2nd-mixもけっこう好きな方だけど、なんとなくREM@STER系に聴こえてしまう不思議w

 

 

 

何はともあれ、総括すると今回のCDも、やっぱり「アイマスらしい」CDだったと思う。

買いたくない人は買わなければいいし、聴いて少しでも元気になれたなら、それはとても良いことだと思う。

 

10月20日には、MA2が三枚同時リリースされるから、そこでもまた問題起きそうだけど(正直、AKB商法についてはちょっとイヤ)、楽しみに待つことにします。

« 少し頭をクールダウン | トップページ | 歌唱ユニット選抜レース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/266683/36878671

この記事へのトラックバック一覧です: Prologue!!:

« 少し頭をクールダウン | トップページ | 歌唱ユニット選抜レース »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック